その考えは

再び10年代ほど前になりますが、生まれてはじめて行った広島では自分貴重な経験をする事業となりました。
新幹線によって広島到着後、その足で宮島へ、長時間ほどウロウロしたのち広島市内に舞い戻り宿屋へ入室、そうして専ら夜の通りへという繰り出します。
この日の夜は少し敷居が高そうな居酒屋さん、断然使ってるものがその土地の名産心配りという事もあり、単価はかなりのものがしました。
翌朝早起きしてそれでは穏やか土産公園へ、真っ先に目に入った原爆ドームを見て、実にテレビジョンで見極めるによって相当悲しげにそびえ立っていたのが依然として印象的で、ところどころに飾られた千羽鶴には穏やかの元気が秘められていると感じずにはいられませんでした。
そうしてその後に立ち寄った穏やか土産館、そこでは悲惨な競争のキャリア、原爆を投下された事業による負け機会、穏やかを祈り続けた人々の願い、また崩壊した街を必死に建て直そうとする人々の元気が一段とわかり、驚きせずにはいられませんでした。 穏やか土産館の中には広島東洋カープの足取り感じも展示されていて、その考えは、カープ設立の理由、町民球団ゆえお金が無く聞き役から舵取りの為のカンパを募った創成期の大変、そうして山本、衣笠の台頭から始まった赤ヘル最高潮など、まさに町民という歩んです球団なんだとしみじみ感じました。京都府舞鶴市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする