そうして末日

4階層に1度の欧州サッカーの祭典、EURO16がフランスとして行われていますが、先日行われたイングランド社長対ウェールズ社長の英ダービーは劇的な幕切れを迎えました。
イングランドのスタメンにはルーニー、もう社長の若き名人として進境著しいケイン、という選手がスタメンに名称を連ね、接するウェールズは実に行ってもクリスチアーノ・ロナウド、ベンゼマとともにレアルの触発を牽引するベイルがスタメンに名称を連ねました。
過去の数値だけ見ればイングランドの独走有利なのですが、今ビッグイベントのウェールズ社長は過去最高のメンバーが社長に名称を連ね、ダークホース的分隊、どちらが勝ってもおかしくありません。
争い行動は、冒頭からイングランドがルーニーを中心に攻め上がるものの決心力を欠き、逆にウェールズは数少ない時機から得た自由キックを名人のベイルがきっちりと決めウェールズが先導。
イングランドは末日かはケイン、スターリングを下げ、レナンバーワンで大ブレイクしたヴァーディーってスタリッジを注入、こういう選手入替えが効を奏します。
それでは末日開始から間もなく、ウェールズの構成不手際をヴァーディーが見逃さずそれを必ず決め同点、そうして末日ロスタイム、賭けから逃げ出したスタリッジが右足で強引にポイントにねじ込み壮麗逆襲大成、注目の一戦は末日ロスタイムでイングランドが逆襲到達という劇的な幕切れを迎えました。長野県松本市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする