ギリギリでワールドカップの参列を決め

1994年ワールドカップ、USAフェスティバルはブラジル対イタリアという共に優勝3回を数える強豪同士の競り合いとなりました。
因みにこの大会、とも前口コミはさほど高くはなく、ブラジルは南米予選でもたつき、ギリギリでワールドカップの参列を決め、関するイタリアというバッジォの乱雑もあって優勝バリエーションは断じて呼べないクラブでした。
本フェスティバルが始まるといった、イタリアはやっぱり立役者、バッジォの乱雑が響きようやくの予選到達、関するブラジルは立役者、ロマーリオが最高潮、予選はさくっと突破しました。
決勝トーナメントではイタリアはそれまで乱雑だったバッジォが返り咲き、決勝トーナメントの初戦から準決勝までの3対戦で5得点を決めクラブを牽引、関するブラジルは決勝トーナメント最初回戦でレオナルドが撤退、もっとロマーリオが難しい目当てに遭った事もあり、決勝までの道筋はあんまり楽ではありませんでした。
そうして決勝は丁度灼熱の熱戦となりました。イタリアはダメージから返り咲きしたバレージが立役者のロマーリオを完封、関するブラジルもバッジォに完全不可欠もさせず、また両方時機らしき時機を迎える軽々対戦、ワールドカップの決勝では史上初のPK戦へと委ねられます。
ブラジル、イタリア共にPKを軽々と決めイタリア5周囲のキッカーは立役者のバッジォ、クラブの天運を託された立役者の蹴ったボールは到来の遥か後を乗り越え、この時点でブラジル4度目のワールドカップ制覇を達成しました。愛知県豊橋市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする